しえりずむ

2011年から歌を始め子育てをしながら音楽活動をしているjazz&bossa vocalist

7/17(火) CHARI-CAFE POTTER Jazz Night フライヤー

7月に入り2週間経ちました。

急に梅雨が明けて一気に夏が来ましたね。

 

さて、

最近の私は、

 

先月急な嬉しい出来事がありその準備を

していることと、

また、

8月のチャリカフェさんのライブを皮切りに

フリーで音楽活動が始まっていくこととで、

 

Duoバンドを終えた6月の半ばを区切りに、

ライブなど目立った活動を控えて、

 

久しぶりに音楽から離れて(全くではないですが…)います。

 

少し早い夏休み、、といったところでしょうか。

 

それにしてもここ最近は、

今まで続いていたことがなくなったり、

新しい出会いや突然の出来事など、

急な変化が本当にたくさんありました。

 

あまりの展開の速さに気持ちがついていけず

にいるところですが、

 

ちょっと時が過ぎてみると、

時期が今でとても良かったなぁと感じています。

本当にとてもいいタイミングで、

全てが良く回っていて、

良い方向に進んでいます。

 

ありがとうございます。

 

さてそんな中、

 

2018/08/12(日)、

チャリカフェジャズライブのフライヤーが

完成しました。

共演のkushaさんに作っていただきました。

 

モノトーンでシックに決まっていて、

かっこいい!

 

タイトルと公演日時の辺りは

カラーになっていました。

 

[詳細] (kushaさんのFacebookの記事を参考にしました)

 

チケット代1000円。ワンドリンク付き(未就学児は無料、ドリンク代は実費でお願いします)

ハートランドビールウイスキー含む。

クラフトビールは除きます。


追加のドリンクは実費で楽しんでいただけます。


お酒飲む人は、交通手段の考慮をお願いします。

 

お席に限りがありますので、

早めにご連絡いただけると安心です。

 

スペシャルゲスト(兼裏方さん?)

予定してます。お楽しみに!


受付嬢募集中!!

 

facebookイベントページ
20180812 Chari-cafe Jazz Night

 

という感じです。

 

みなさまとお会いできることを

楽しみにしています。

 

ライブの準備をしている期間の

vocalの先輩、

kushaさんのお仕事振り、

 

メンバーの配慮をしながら、

準備&進行されていらっしゃって、

固定バンド?(グループ?)でしか

vocalを経験していない私にとっては

学ぶことがいっぱい。

 

メンバーの方々とこんな感じで

進めていけはいいんだー

とたくさんの気づきがありました。

 

ですが、

あの気遣いをサラッとこなしながら

準備&進行ができるのは、

kushaさんのお人柄と能力だからこそ

できること…。

 

こんな風にできたらな。

 

さて、どんなライブになるのかな。

お盆真っ只中、

お祭りのようにわいわい楽しくできたら

いいな。

とても楽しみにしています!

f:id:machierie_chouchou:20180715075810j:image

 

2018/7/17

6/21(木) CHARI-CAFE POTTER Jazz Night リハーサル

ずっと1人の人としか音楽をしたことが

なかった私がフリーになって、

みんなで音楽をするという

第一歩を踏み出しました。

 

セッションとはまた違った感じ。

 

何だろう、、。

不思議な感じ。

 

今まで曲や音のアレンジはkeyを伝えるだけで全てお相手がやってくれていたので、

楽譜は使ったことがありませんでした。

 

今思うとなんて親切だったんだろう、、。

 

そう、今日は、

初めて楽譜を使ってのリハーサル。

 

ご一緒するボーカルさんに進行の仕方を

見せていただき、

参考にさせていただきました。

 

楽器の方々は、

私の言いたいことを汲み取って下さって、

上手に演奏して下さりました。

 

1つの楽器で歌うことに慣れすぎたせいか、

たくさんの楽器のバンドでの演奏で歌うことが

全く慣れてないなーと実感。

 

今日もピアノの人にばかりアイコンタクトがいってしまった。

 

1人の人とずっと演奏してきた癖です。

1人に向いてしまう。

 

みんなにアイコンタクトできるようになっていきたいな。

 

そして、

Duoでずーとやってきた歌なのにも関わらず、

最初の音程が何回も外れまくり。

 

何でだろうと思いましたが、

Duoの時は、あの曲の最初の部分は

今まではverseからの

流れで身体に染み付いていて、

無意識に歌っていました。

 

ライブの時に音程外したらアウトなので、

楽器の方にアレンジを直していただくことに。

 

でも、

これで練習すれば音外すことは大丈夫だと思う。(絶対だな)

 

あの曲も覚えないとな、、。

 

ライブは8/12(日) 19時〜 チケット代¥1,000

満席以上という司令が出ております。

 

それは冗談として、

 

たくさんの皆さまにお越しいただけると

嬉しいです。

 

皆さま、是非ともお越し下さいませ。

f:id:machierie_chouchou:20180622002229j:image

f:id:machierie_chouchou:20180622002254j:image

 

2018/6/21

introductionからThemaへ

音楽活動経歴が追加されました。

(2016年3月から2016年の11月)

Pops Duoバンドにて活動。(自然消滅)

(2016年8月から2018年6月)

Jazz Duoバンドにて活動。(2018年6/10解散)

 

こうして、ついこの間まで現実として

あったことが、

過去の出来事になってしまうのは、

悲しいと思う。

 

できれば、

本当に続けていきたかったのだけれど、、。

 

各バンド専属のvocalistとして、

バンドのために、

家庭の都合よりもバンドの活動を優先して、

私なりに一生懸命活動してきました。

 

JazzのDuoバンドの解散を迎える

3〜4ヶ月間はバンドでの仕事を殆ど

任されていましたので、

大変だなと感じることが多かったですが、

これも勉強のためと思っていました。

 

家庭も音楽もいっぱいいっぱいの状態。

子育ては殆ど放ったらかし。

 

そんな状態に

もう無理しなくてもいいよ。楽になりなよ。

と言われたのかもしれません。

 

手放した時、

スーと頭の中が軽くなりました。

 

何も持っていない、

持つものが何もないという

状態というのが、

こんなに軽かったなんてという感じでした。

 

こうしてバンドというものがなくなり、

次のステージに立つ第1歩を

踏み出しました。

 

1周目のスタートを切ったところです。

 

東名高速道路から名古屋高速道路に入る。

そんな感じです。

 

音楽なら、

今までは、イントロの部分。

そして今からボーカルが息を吸って

Themaを歌い出すといったところです。

 

そういった

自然な流れで、次のステージに立つのです。

 

そこで、

 

私が

常に忘れないようにしてること、

 

「今の私はみなさんの力で成らせて

   いただいている」

 

という言葉、

 

やはり、ここからのステージでも

私はみなさんの力で私に成らせていただく

のです。

 

だから、

私にできることは

みなさんに感謝を続ける。

 

今までのみなさんにも、

これからのみなさんにも、

私に関係した全てのみなさんに感謝を

続けること。

 

そして、

このステージでは、

更に更に飛躍を遂げていく私。

 

そんな私だからこそ、

少しでも素敵な歌を歌っていきたい。

 

この写真に込めたこと。

 

こんな風に私の写真集を出す。笑

 

それは冗談として、

 

私の歴史は私が作る。

 

1コマ1コマ、

全て私が作ること。

 

素敵な写真集になるように。

 

 

f:id:machierie_chouchou:20180619070852j:image

2018/6/19

6/10(日) ristorante Castagno Nova last Live

甚目寺にあるRistorante Castagnoさんでライブでした。

 

2ヶ月も前からこのライブのために
功オーナーと奥さんが宣伝して下さり、


急だったり無理な様々なお願い事も、
快く受けて下さったり、

 

当日も丁寧な挨拶やお見送りだけでなく、
私たちが店内にいる間ずっと、


一つ一つ本当に細かな配慮をしていただいて、
感謝感謝でした。

 

あまり集客できなくてすみません、、と
功オーナーから言われましたが、

 

全くそんなことはなく、
たくさんのお客様の中で歌うことができて、
幸せでした。

 

ライブ後は、

オーナーシェフの前菜、パスタとピザ、
紅茶、コーヒー、ジュース、お酒という
たくさんのドリンクとデザート。

 

美味しくいただきました。

 

功オーナーと奥さんもとても気に入って

下さって、毎月でもライブやってほしいと

言われました。

 

とても嬉しいお言葉。

本当に感謝です。

 

できるなら実現させたい。

 

そう思います。

 

ですが、

 

今日は、
Novaのとりあえずlast Liveとなります。

 

とても楽しい1日、
そして、Novaとして活動した1年10ヶ月、


短い期間でしたが、締めくくるには
とてつもなく素晴らしい忘れられない
素敵な幸せな日になりました。

 

Novaを応援してくださったみなさま、
本当にありがとうございました。

 

ですが、
私たちNovaという名前ではとりあえず
最後になりますが、
今後も演奏をするようなことも…。

 

そのお話はまた今度…。

 

そして、

ボーカリストとして、

フリーになった私、、

 

心機一転。

この機会に、名前も変えました。

今までは本名フルネームで活動していましたが、

 

下の名前だけの時と、

shie(本名から取りました)

という時の両方で活動していこうと思います。

 

今は、

これから出会う人たちとの

楽しみ、

 

いろいろな音楽と歌に出会う

幸せ、

 

それと同時に、

音楽の経験が浅いこと、

知識のなさ、

定期ライブを回していけるか、

というような

 

不安、焦り、、。

 

そんな思いが混在しています。   

 

また、1から出直し。

 

そう、私、

ずっと1から出直すことを

恐れていました。

 

積み上げてきたものが全てなくなってしまう。

そういった思いが、

 

バンドが不安定になり出した頃から

ずっと思っていました。

 

だから無理をして、我慢して、

積み上げてきたものを守ろうとずっと

言動、行動していました。

 

でも、自分以外の人が関わっていることって、

いつか終わりがくるんですよね。

早いか遅いかだけ。

 

そんな中で、

少しでも壊さないように、遅くなるように、

続けられるようにみんな頑張っているだけ。

 

でも、

自分が積み上げてきたもの、

続けてきたもの

 

だけは、

ちゃんと自分に残る。

 

私は、

今までにたくさんの音楽をしている
仲間と出会った。

 

これだけは、

崩れようのないこと。

 

そして、

これからは、

崩れようのないものを

更に積み上げていく、、。

 


今までに出会ったたくさんの方々や
これから出会うであろう音楽をしている
たくさんのみなさんと共に。

 

そして、

何よりも、
楽しく音楽をやっていきたい。

 

f:id:machierie_chouchou:20180613074242j:image

f:id:machierie_chouchou:20180613074226j:image

f:id:machierie_chouchou:20180613074255j:image

f:id:machierie_chouchou:20180613074314j:image

 

 

2018/6/13

5/27(日) Nova 都田ドロフィーズ Last Live

都田ドロフィーズさんでのライブでした。

 

今月のライブに至るまでには困難がありました。

 

もしかしたら今月はライブができなかったかも

しれないという状況にまでになりましたが、

何とかライブを行うことができました。

 

そして、急な展開になってしまいましたが、

Novaという名前で活動していたDuoの

ドロフィーズさんでのライブは今月でひとまず最後ということになりました。

 

演奏はいつも以上に楽しく演奏させていただきました。

 

MCは毎回考えてきた通りにしか

話しませんでしたので、どんな空気になっていても、

考えてきた通りに話していたのですが、

今回は初めてアドリブを入れてお話することが

できました。

 

それだけリラックスして演奏できたのだと

感じました。

 

演奏が終わってから、

相手の方とお話をしました。

 

でも、私、後から考えてみて、

すごく反省するべき点がたくさんありました。

 

1.立ち話をしてしまった。

 

2.相手の話を最後まで聞かず話を遮ってしまった。

 

3.相手の人の話の内容(3つの掛け持ちをしているし、(Novaは)家族にも辞めて欲しいと言われてるから)

という言葉に気を使ってしまって、

Novaを終えるという結果を出してしまった。

 

4.相手の人が相手の人の家族(お嫁さん)

に顔を赤くして泣きそうな顔で、

(違うかもしれませんがそう見えてしまいました)

私が出した結果や今後のドロフィーズでのライブの案を、私の目の前で家族に話して、

家族の了承を得てから私に返事を

していた姿を見ていて、

何とも言えない気持ちになってしまって、

私が相手や相手の家族に謝罪するという

変な気を使ってしまった。

 

こんな感じでNovaの最後という結果を

出してしまったことに後悔しています。

 

結果は同じでも、

もっとじっくり話すべきだったし、

納得いかなければ次回に持ち越しても

いいくらいの事なのに、

結果を出すことに対して焦り過ぎてしまいました。

 

またこちらは、

いろいろな方々たちからのお言葉です。

 

1.  2人とも世帯をもっている同士であるので、

音楽をする上では、家族の理解を得ないと

音楽をすることは難しい。

家族の理解が得られていたという状況でも、

心の奥底のところでは理解が得られていなかったので、こうしたことがきっかけになり、

家族の本当の思いが出てしまった。

家族の理解を得るには、本人の音楽に対する

意思や情熱の強さを家族に本当に理解が得られるまで、説明する必要がある。

家族に本当に理解が得られていない状態で

音楽活動をするということは、  

音楽活動を共にやっていく仲間たちに非常に

失礼である。

 

2.音楽をやる上での人の思いというものは、

みなさん同じではなくて、それぞれ違います。

みなさんのそれぞれの思いや目標があって、

音楽をしています。

バンドメンバーの方々がみんな同じ気持ちということは先ずありません。

ですが、普段はそういったことは出さないでいます。

その方の中に何らかの事柄や思いがあったりした時に、

その方の思いが出てくることがあります。

そういったものに佳恵さんや佳恵さんのお相手の方が振り回されてはいけません。

 

3.バンドやってるとみんないろいろあるよ。

友達とバンドやっててもいろいろある。

でも、いろいろあることを乗り越えることで、バンドって長く続くんだよ。

喧嘩でバンド解散ってほんとに

よくあることだけど、それしてると、

誰とも長く続くバンドなんてできないし、

そもそもバンドできないよ。

4.ライブの録音聴いて、とっても息が合ってて、凄くいいふたりだったから、残念。

なかなかぴったり合う人って居ないから、

活動やめちゃうのもったいないなって思う。

佳恵ちゃんの本当の気持ち相手の人に

言ってみたら?またできるといいね。

 

5.バンドの継続できなくなってしまったようで、経緯も全て拝見させていただきました。

結果を申してしまうと、バンドの継続は難しいと思われます。

それは、相手にとっての奥さんの存在がとても大きいからです。相手の方は、奥さんの考えで全て動かれていらっしゃるのです。

今回、謝罪が相手の方からなかったりだとか、相手の方の全ての言葉が、

誰か(例えば奥さんや相手の方の掛け持ちのバンドの方)が言っている言動が見られていて、

相手の方の気持ちや思いがありません。

相手の方はその時々の感情で行動をされていて、

後のことは全て人任せにしています。

これは本人とのやりとりではなく、

あなたと相手の方と関わっていらっしゃる

もう一人の誰かとのやりとりになっています。

 

また、争いなどの負のエネルギーは人を疲れさせます。疲れた体と心で物事は冷静には捉えられません。お二人とも少し体と心を休めてからもう一度向き合って見られたらいかがでしょうか。

 

などなど他にもたくさんのお言葉を

いろんな方々からいただいて

感謝しかありません。

 

Novaのことは、

相手の気持ちもあることですし、

また、お相手の方は私よりも

かなりのウエイトで

ご家族ありきの音楽活動なんだなと思いました。

今後の活動継続は、

相手の方のご家族が活動の継続を

許していただけない限りは不可能という

ことがわかりました。

何とも言えませんが、

もう一度2人で

話し合う機会があればなと思いました。

 

f:id:machierie_chouchou:20180530183744j:image

 

2018/6/30

4/29(日)cafe RUSTICO LIVE

4/29(日)

西ヶ崎のcafe RUSTICOさんLiveでした。

 

この日、私はとんでもない失態をしました。

なんと、マイクを自宅に忘れるという、、。

音響設備がないところでのLiveが私たちは

多いので、マイクは必須。

 

それにボーカリストならマイク、

ギターリストならギター、

自分の必要な楽器をなんとLiveで忘れる、、

ちょっと洒落にならないですよね。

 

自覚が無いのも甚だしい。

いやでもかなり焦りました。

 

取りには帰れない状況でしたし、

かなり迷い、

メンバーには迷惑かけたくなかったので、

(最悪の時点でお願いしようと思い)、

まずは家族に連絡を取りました。

 

幸い、自宅にいてくれていて、

持ってきてもらえるとのことだったので、

浜松駅まで持ってきてもらいました。

 

大大大感謝です。

今回は本当に心から反省しました。

 

こんなことがあり、

少し遅れてRUSTICOさんへ到着。

 

まだ、セッティングをはじめたばかりという

状態で、リハにも間に合って良かったです。

 

今回は別の会場でお知り合いになった2度目にお会いするバンドさんと、

相方さんの掛け持ちのバンドさんと、

3バンドでのLive。

 

Liveは、たくさんのお客様がお越しくださり

ました。

 

皆さんかなり集客していただいて、、、

私全く集客できなかったので、

なんだか申し訳ない、、。

 

たくさんのお客様の中で、

私たちNovaがトリを務めることに。

 

対バンの2バンドさんの方がキャリアが長くて、経験も豊富、技術も何かも上なのに、

 

私なんかがトリって、、。

申し訳ない、、。

 

いやでも、これは相方さんがトリにふさわしい

キャリア、経験、技術、を持っているからこそ

のトリで、私はおまけということで、

 

私は相方さんを引き立てるお役目をいただいた

ということにしよう。

 

というように思いながら、

Liveに取り組みました。

 

この日は不思議ととてもリラックスして歌えて、

 

歌詞は全く間違えず、音程も目立った狂いは

ないように思いました。

 

声の調子がアレルギーの咳が出てしまうせいで今ひとつ良くない状態でした。

 

なんだか喉に膜が張る感じと全体的にカサカサ言う感じ。高音もガサガサいって綺麗に出ません。

自宅での発声の練習をしながら、

特にこの1週間は悩んでいました。

 

やはり、

少し高音がでなかったかな、、。

 

ですが、Liveは大成功。

とても盛り上がりました。

 

聴いて下さった皆さま、

ありがとうございました。

 

RUSTICOさんのライブのコース料理も
いただいてきました。

 

相変わらずとてもお洒落。

おいしくいただきました。

 

写真をたくさん撮っていただきました。

 

私はこれでRUSTICOさんでのLiveは、
ひとまずラストライブにしようと思っています。

 

自宅から少し距離があることと、夜のライブということが重なって、帰宅が深夜になってしまうことと、

 

小さい子供の子育てをしているので、深夜に帰宅というのはちょっと子供が可哀想かなと思いました。

 

子供が成長したらまた復活するかもしれませんが、

今は一旦お休み。

 

今後、RUSTICOさんのLiveは相方さんの

インストバンドさんにfollowしていただくことに

なります。

 

長い1日だったのに、
過ぎてみたらあっという間でした。

 

とても楽しい、

そして忘れられない日になりました。

 

f:id:machierie_chouchou:20180501082958j:image f:id:machierie_chouchou:20180501083016j:image

f:id:machierie_chouchou:20180501083042j:image f:id:machierie_chouchou:20180501083135j:imagef:id:machierie_chouchou:20180501083121j:image f:id:machierie_chouchou:20180501180302j:image

f:id:machierie_chouchou:20180501083257j:image f:id:machierie_chouchou:20180501083311j:image

 

 

2018/4/29

4/22(日) 都田ドロフィーズLive

Nova Live at DLoFer's

 

今日はキラキラの晴れ!!

暑い暑い日になりました。

 

昨日のライブはほぼ満席というくらいになっていました。

 

ここのところライブをしても客足に恵まれない状態を何度も経験していたので、

昨日の状況はとても嬉しかったです!

 

私の目の前の席にいらっしゃった

若い男性の3人の方、

この曲やりますと言った後に、

拍手をいただいたり、MCにうなづいて

聞いてくださったり、

 

その隣にいらっしゃったご夫婦は、

1ステージ目にいらっしゃっていて、

聴いていただいて、

しかも2ステージにまでお越しくださって、

 

もうこんなこと初めてです!!

 

すごくすごく嬉しかった!!

たくさんの方々が聴いて下さって、

拍手もいっぱいで、

とてもテンションあがって昨日はとっても楽しく歌えました。

 

やはり演者は聴いてくださる方々の力で、

成り立っている、ステージに立つことが許されて、演者が支えられてるんだなと、

身をもって体験しています。

 

あの方々たちともう一度会って、

今度はたくさんのお礼をしたいな。

 

そう思っても、一期一会。

 

だからこそ

この一度きりのライブに精一杯の演奏をしたい。

 

そう思っていますが、

 

楽しい、テンションが上がってしまってる時の

歌のクオリティがガタガタ…。

 

音程は外れてる、リズムはズレる、

歌詞は間違えてる、歌詞をすっ飛ばしてる、

挙げ句の果てに

全く気がついてなかったのですが、

ライブを録音していたので、

真実は録音の中に全て残っているのですが、

テーマ丸々すっ飛ばしてました、、、。

 

その度にササッと対応してくれてる

相手さん、

 

予測できない行動をしても無邪気、

音楽では2〜3歳児の私、

 

そんな私を、

 

自由に遊ばせながらも、

ちゃんと見ていてくれてて、

危ないところはフォローしてくれるような、、

 

楽しすぎて、テンションあがっても、

クオリティはちゃんと保ててるような

歌を歌えるようになっていくには、

どうしたらいいのかな…

 

次はこれを課題にしていこう。

 

それと、

聴きての方は案外とこんなもんという風に

聴いているということはひとつあります。

私も時々他の方のライブに行く時がありますが、明らかに歌詞間違えたり、すっ飛ばしたりをボーカルさんがしていても、平然としている

(ライブ中なので当たり前ですが)と、

 

今日はあの曲のあそこの部分は、

アレンジをしていたのかもしれない。

と思ってしまうのです。

 

それ程聴いている人は演者が間違えたことを

気にしていない。

 

それよりも

楽しく演奏している演者に対して、

聴く側も楽しさや力を貰えて楽しかったなと

感じる。

 

なので、

あまり間違えたことにクヨクヨしすぎるのも

良くないのかなと思うようになりました。

 

日々は悩んだりしていても、

練習や勉強を重ねていって、

 

ライブでは、

楽しい、楽しむ、ということが

1番のライブになるのかな、、。

f:id:machierie_chouchou:20180423082813j:image

2018/4/22